針ノ木雪渓 スキー
場 所 針ノ木岳
日 時 2017年4月30日(日)
コース 扇沢→マヤクボ沢経由→針ノ木岳北側の稜線 往復
メンバー 単独
天 気 快晴
装備 日帰りスキー
備考  大町の最高気温:23.6℃。


2017年4月30日(日)
今日はゆっくりと、途中で引き返すぐらいの心づもりで行くことにした。今日は偵察でいいのだ。

6:50 入山口からシール登高できるくらい残雪が多い。ゲートの係員に呼び止められ、しっかり登山届を書かされた。『3〜40cm降雪があったから雪崩に注意して。』と言われる。

いつもの砂防ダムより一つ手前から雪渓に降り右岸へ渡る。雪渓はいたるところデブリの山で、スキーは楽しめそうにない。マヤクボ沢に期待する。


雪は多いがデブリだらけ


針ノ木岳と雪渓の様子。いつもはこの辺りから雪渓に降りる。

今日は長野県の登山研修が行われているそうで、3組のグループに分れて行動していた。見ていると蓮華大沢の辺りで研修していて、それより上に行く気配はなかった。

蓮華大沢右俣を見上げたが、ここはきれいな斜面に見えた。


雪渓を振り返る


マヤクボ沢を先行する人たち



爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳


針ノ木岳とスキーヤー

マヤクボ沢に入ると明らかに新雪が積もっている。場所によって深さが違うが、それが水分を含んですごく重い湿雪となっているので、なにかきっかけがあれば雪崩そうだ。先行している人たちは右側を登っていく。私も倣って慎重に右側をシールのまま上がっていく。

ここにきて、今日の目標は山頂直下の右側の肩までと決めた。

11:30 肩に到着。



立山と剱岳


立山の雪の様子



蓮華岳



鹿島槍ヶ岳遠望

周りの景色を愉しんだら、早速スキー滑走の準備に取り掛かる。

11:45下山開始。滑り始めてすぐに想像以上に雪が重く、コントロールが難しいことがわかった。バランスが保てず2度ほどこけた。こけたからと言って雪崩れることもなく、とりあえず安心した。マヤクボ沢の中段のテラスからは登山者を避け、スキーヤーズ・ライトをプルーク・ボーゲン系の滑りでゆっくり降りた。それでも重い雪に足の筋肉は悲鳴を上げる。

いつものことだが、滑り始めると滑りに夢中になり写真を撮り忘れる。

スキーになるのはマヤクボ沢だけ。針ノ木雪渓は、わずかの時間の間に両岸から雪崩があり形相が変わっていた。雪崩の直撃を警戒しながら、中央を滑りたいのだが、そこはデブリの山が塞いでいる。なんとか蓮華大沢との出合までデブリの斜面と格闘し、抜けたらその後は一気に右岸の高巻きルートを滑り降り、今回はなんと無料駐車場近くの『扇沢総合案内センター』脇に出た。



デブリ帯を抜けて、一呼吸。

今回の偵察の結果、北アルプスは相当の残雪があり、新雪も降っているので、スキーを快適に楽しむなら、もう少し後がよろしいようです。(完)


<記録>

06:50 登山道入り口
11:30 針ノ木岳頂上直下の肩
13:00 駐車場帰着
往路 約5時間、復路約1時間30分 行動時間約6時間30分





©2013 アベル父さんのもっと山を、スキーを、感動を!
All rights is reserved. Sorry for Japanese only.