唐松岳dルンゼスキー
場 所 唐松岳
日 時 2017年4月16日(日)
コース 八方池山荘→唐松岳→dルンゼ→二俣
メンバー 単独
天 気 晴 (参考:白馬村の最高気温19.8℃、最低3.4℃、平均風速1.7m/s、最大4.2m/s、瞬間最大12.3m/s)
装備 日帰りスキー+(アイゼン、ピッケル、クトー)
備考  


2017年4月16日(日)

白馬の天気予報を見ていると、そろそろdルンゼが(私にとっての)滑り頃と判断し出かけてみた。

16日日曜朝は少し雲が残っていたが、予報通りみるみる雲が消えていく。これは行くしかないと判断し、そそくさと準備して八方ゴンドラ駅に向かう。7時20分もうすでに場所取りとチケット買いの列ができているが、幸い先頭に近いところでチケットを購入した。先日は強風で、今日も風が強いらしく、通し券の販売は無し。その都度リフトの乗り場で買えとのこと。

8:50 八方池山荘をスキーで出発。日曜なのでかなり登山者が多い。BCスキーヤーもそれなりにいる。唐松岳頂上山荘のあるピークまでスキーで登り上げ、ここから靴アイゼンに履き替えた。風が強い。天気も下り坂の兆候が顕著。急がなければ。

9:34 八方池付近通過

10:37 丸山ケルン通過、風が強くなってくる。

11:30 風が強いが周りにいる人たちの勇気に支えられて唐松岳頂上山荘のあるピークに到着。ここでスキーをかつぎアイゼンに履き替える。

12:00 唐松岳(2,696m)到着。風が強くて大変だった。ドロップポイント(上の段)には、外国人のボーダーのみで、この時点では他に行く人はいない。天気は急速に悪化の兆しだし、ここまで来たら行くしかないでしょ、という気持ちで唐松岳をドロップポイントに向けて下る。

12:26 英国人の青年と一緒に上の段からドロップ。彼が一緒に行くか、と問うので”YES”と返事し、準備する間待ってもらう。彼が先行し、私が追いかける。期待通り新雪はなく、クラストもなし。やや粘り気のあるザラメ、といった感じで気持ちよく安心してターンができる。もちろん、無名沢との合流地点が近づくころには、重い湿雪で足が悲鳴を上げる。それでも彼を必死に追う。

長〜い長〜い滑走だったが至福の時は、いつかは終わる。遂に無名沢との合流地点に到着。そのまま南滝に向かう。

12:45 南滝を通過。直後の沢はすごいデブリ。無名沢を降りてきたというボーダーを捉える。以後、三人旅。渡渉ポイントは両岸の雪の堤が高すぎるので上流の堰堤の川底を歩いて渡った。その後の林道歩きは、約半分はスキーでこなしたので比較的楽だった。途中振り返ると、唐松岳はすでに雲の中。明日は悪天の予報。

14:44 二俣着。三人で一期一会に感謝し、別れの挨拶を交わす。英国人の青年は、徒歩で近くの自宅へ。我々残り二人はタクシーを呼んで駐車場へ向かった。

こうして、恥ずかしながら私の初めてのdルンゼは、ささやかな国際交流と共に終わった。とても愉しかったよ。南滝からご一緒した彼、ありがとうよ。

(完)


今日の鹿島槍ヶ岳と五竜岳

      

唐松岳と不帰ノ嶮



白馬三山


丸山ケルンを通過しいよいよdルンゼが迫る。



唐松岳と不帰ノ嶮。矢印の辺りからドロップした。


あのピークを回ったら頂上山荘



唐松岳だ!


唐松岳頂上



準備中の外国人ボーダー(赤矢印)



ドロップ直後



標高約2,200m。左が本谷、右がdルンゼ


南滝(標高約2,200m)通過


無名沢を滑って来たボーダーの彼と合流


堰堤のコンクリートの川底を歩いて渡る。


無事二俣のゲートに到着








GPS軌跡




©2013 アベル父さんのもっと山を、スキーを、感動を!
All rights is reserved. Sorry for Japanese only.